不動産の購入にかかる費用

ここでは、厚木市で不動産を購入する際にかかる費用について解説しています。

不動産物件以外にも費用はかかる…!

一戸建てやマンションなど不動産を購入する際には、物件の購入費以外にもさまざまな費用がかかります。厚木市で購入した物件までの引っ越し費用も必要ですし、新たに家具や家電をそろえるとなれば、これらの購入費用も勘案しておかなければなりません。

それ以外にも、いわゆる「諸費用」といわれる費用もかかります。ここでは、その諸費用について、具体的な内訳を紹介します。

不動産購入時にかかる「諸費用」の内訳

税金

ひとくちに税金といっても、「印紙税」「登録免許税」「固定資産税」「不動産取得税」などの種類があります。

印紙税は売買契約書や住宅ローン申し込み時などの際に必要となり、登録免許税は登記をする際にかかる費用です。固定資産税は毎年払っていくものですが、初年度に関しては日割り計算で支払うケースが厚木市の不動産会社では一般的。また、不動産取得税は引き渡し時に1回のみ支払います。

仮に3,000万円の一戸建てを購入する場合、これらの税金をあわせると20~30万円にもなります。また、登記手続きを司法書士に依頼すると、その報酬もかかりますので(10~20万円が相場)、しっかり用意しておきましょう。

保険料

「火災保険」「地震保険」「団体信用生命保険(団信)」などの保険料がかかります。

火災保険や地震保険は、賃貸住宅でもかけるものなのでご存じの方が多いと思いますが、団体信用生命保険は初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

団体信用生命保険は、住宅ローンを組む際には原則かける保険です。この保険は、ローンの支払者が、返済期間中に万が一のことがあって支払えなくなった場合に、保険会社が代わりとなってローンを返済してくれるというものです。

仲介手数料

中古の一戸建てやマンションを購入する場合、仲介手数料がかかることがあります。

その物件を所有している不動産会社から購入すれば(売主物件といいます)かかりませんが、他社が持っている物件を購入するときには必要です。

なお、仲介手数料は以下の公式で求められます。

【仲介手数料】=物件価格×3%+6万円+消費税

3,000万円の物件だと、96万円+消費税(8%)=1,036,800円。

仲介手数料は、諸経費のなかでもっとも高いといえるでしょう。

諸費用の合計額は?

これらの諸費用は、一般的に物件価格の5~10%になるといわれています。

3,000万円の物件を購入する際には、150~300万円は必要になると考えておくとよいでしょう。