住宅ローンを選ぶポイント

ここでは、住宅ローンの選び方について紹介しています。

住宅ローンの賢い選び方とは?

住宅ローンを選ぶ際、少しでも金利の低い商品を、と考えている方も多いのではないでしょうか。数千万円のお金を借りることになるわけですから、わずか0.1%の金利の違いでも返済額は数十万円も変わってきますので、住宅ローンの選び方が大きなポイントとなってきます。

とはいえ、今の金利だけを見て選ぶと、あとで後悔することにもつながりかねません。将来のライフプランや家計をしっかり考えて選ぶことが、とても重要なのです。

固定金利と変動金利について

住宅ローンには、金利がずっと変わらない「固定金利型」と、その時々の金利相場にあわせて変わる「変動金利型」の2つのタイプがあります。これが、選び方のひとつのポイントとなりますので、特徴をしっかり把握したうえで選ぶようにしましょう。

固定金利型タイプの特徴

  • 金利は変動金利型より高め
  • 返済終了まで金利(返済額)は変わらない
  • 返済額が変わらないので将来の家計プランが立てやすい

変動金利型タイプの特徴

  • 金利は固定金利型より低い
  • 金利は半年ごとに変わり、金利が上がると返済額もアップするリスクがある
  • 将来収入がアップする(または支出が減る)可能性の高い方に向いている

どちらを選ぶかは人それぞれ。目先の金利だけを見て選ぶのではなく、将来の人生設計を含めて返済プランをしっかり立てることが住宅ローンを選ぶうえで大切なことなのです。

住宅資金利子補給制度について

厚木市では、「勤労者住宅資金利子補給制度」という住宅ローンの金利優遇制度を設けています。住宅ローンを神奈川県内にある中央労働金庫から借り入れ、その額のうち500万円までの利子が優遇されるというもの。

条件としては、厚木市内で居住用の住宅を購入した方や、給与所得者(事業主や自営業は除く)であること、市税をきちんと完納していることなど、細かな規定があります。

申請は中央労働金庫厚木支店でおこないます。条件に見合う方は、こうした制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。