住宅の資産価値を考える

ここでは、住宅の資産価値について解説しています。

住宅の資産価値はどれくらい下がる?

最近、20~30代の若い人たちのあいだで、中古住宅の人気が高まっているようです。新築住宅より安く手に入れられること、中古住宅を自分仕様にリフォームしても新築より安いこと、中古住宅のほうが意外と便利な立地条件にあることなどが、その理由として挙げられます。

「住まいは一生に一度の買い物」ともいわれますが、最近では買い換えながら住みやすいところを選ぶ人たちが増えているのかもしれません。一方で、住宅の資産価値という面でみると、「新築よりも中古住宅のほうが減りにくい」とも考えられます。

当たり前の話ですが、住宅の資産価値がもっとも高いのは新築時です。それから歳月がたつにつれて、資産価値はどんどん下がっていきます。

不動産業界では、一戸建て住宅の資産価値は約20年でゼロになるといわれているそうです。これは、税法上の耐用年数(減価償却)が木造住宅の場合は22年と定められているため。

つまり築20年以上の家は、どんなに住みやすい状態であっても建物としての価値はゼロになるということでもあります。

築年数の古い住宅の実際の価格は?

不動産流通近代化センターという公益財団法人では、「家の価格査定マニュアル」というものを作成しています。

これは、家を売るときに不動産会社が公平な見地で査定するためのマニュアルなのですが、これによると新築時から築10年までは資産価値が下がっていき、10年になるとほぼゼロに。それ以降は、土地の値段で評価されるようになっています。

そう考えると、築10年以上の中古住宅は資産価値の下がりにくい家といえるかもしれません。

立地条件が住宅の資産価値を決める

建物の価値は下がっても、土地の価値までもが下がるとは限りません。

極端な話、資産価値の下がりにくい家とは、「土地の価値が下がりにくいところに建っている家」ともいえるでしょう。

厚木であれば、本厚木駅の近くなど利便性が高いところは土地の価格が下がりにくい傾向にあります。

こうしたところに家を建てると、売りに出しても買い手がすぐに見つかるといったメリットがあります。

現状、本厚木駅前はマンションが建ち並んでおり一戸建て住宅を探すのは困難ではありますが、高速インターの近くなど郊外でも地価がアップしているエリアもあります。

こうした「いい立地の住まい」を選ぶことが、住宅の資産価値を保ち続けるコツでもあるのです。