VS秦野市

ここでは、秦野市と厚木市の住みやすさについて徹底解説しています。

秦野市の住みやすさは?厚木市と比較!

神奈川県の西部に位置する秦野市は、人口約17万人の自然豊かな街です。丹沢のふもとに栄える街で、週末になると登山やハイキングをする人たちで賑わいます。また市の東側には鶴巻温泉もあって、ハイキングを楽しんだ後に立ち寄る人たちも多いです。

そんな秦野市の住みやすさをチェックしてみましょう。

不動産相場を比較!

  秦野市 厚木市
新築一戸建て 1,890~4,300万円 2,790~3,780万円
中古一戸建て 1,646万円 1,907万円
中古マンション 1,111万円 1,388万円
土地(1m2あたり) 100,559円 152,911円

※一戸建て、マンション価格はライフルホームズ調べ、土地は国土交通省公表による公示地価を掲載しています。

厚木市から20kmほど西に位置する秦野市。都心からも離れていることもあって、不動産価格の相場は厚木市より1~2割ほど安いです。新築でも2,000万円以内で購入できる物件もあります。また土地も広く、広い庭付きの一戸建ても実現しやすいエリアでもあります。

教育施設の数を比較!

  秦野市 厚木市
幼稚園・保育園 24施設 31施設
小学校 13校 24校
中学校 9校 13校
高校 3校 9校

幼稚園や保育園が比較的多く存在します。待機児童が0人という点も魅力のひとつ。小中学校は人口の割合からすれば適切な数といえますが、秦野市は面積が広いことから通学距離が長くなる地域もあるようです。

医療機関の数を比較!

  秦野市 厚木市
総合病院 9件 11件
一般診療所 85件 130件
歯医者 85件 108件

市内には総合病院が9件もあります。一方で、一般診療所は人口10万人当たりで比べると、厚木市よりも少ないのが特徴。小児科、産婦人科も人口の割に少ないですね。

また人口10万人当たりの病床数は、30.47(厚木60.16)と、これも厚木市よりも少ないようです。一方で介護施設が多く、周辺地域に比べ高齢化が進んでいるという背景がうかがえます。

秦野市の商業施設は?

秦野駅前に商業施設が点在するほか、国道246号の近くにある大型商業施設(イオン秦野店)があります。国道246号にはホームセンターがいくつか出店しており、車を持っていればとても便利な街といえるでしょう。

秦野市の交通アクセスは?

国道246号のほか、秦野市には東名高速の秦野中井インターがあり、このインターチェンジ近くにも新興住宅地が広がっています。一方、鉄道は小田急線のみですが、日中は約10分間隔で新宿方面の急行電車が走っています。

結論!秦野市と厚木市、住みやすいのは?

緑豊かな自然環境が多い秦野市。土地も安く、身近に自然を求める人にとっては、住みやすい街であることは間違いないでしょう。

一方で、商業施設は国道沿いに点在していることから、マイカーは必需品。電車も、新宿まで出るとなれば1時間以上かかりますので、アクセスを重視される方なら厚木市のほうが住みやすいといえるでしょう。